これだけあれば十分!レンタルサーバーの詳細や必要な容量の目安を紹介

「はじめてのホームページ作りに挑戦したい」「ブログをはじめてみたい」そういう方はまずレンタルサーバーを選ばなくてはなりません。レンタルサーバーとは何か、そしてホームページやブログを公開するために必要な容量はどのくらいなのか、ホームページの運営初心者の方のための基本的な情報をご紹介します。

ホームページ作りの参考にしてください。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、その名の通りサーバーの貸し出しシステムのことをいいます。制作したホームページやブログをネット上に公開するためにはサーバーがなくてはなりません。サーバーはPCやスマホなどからの要求にこたえて持っている情報を提供するコンピューターのことです。

私たちは普段インターネットで「こういう情報について記載されているホームページがみたい」と思ったときに関連のあるワードを入力して検索を行います。その要求にこたえて該当するホームページをサーバーが提示してくれるので、みたいホームページにたどり着けているのです。

ホームページやブログの運営者がみんなそのサーバーといわれるコンピューターを個人で所有して管理運営することは難しいので、レンタルサーバーを用いて自分の制作したサイトを公開させてもらうのが基本です。レンタルサーバーはホームページやブログの運営のために必要な土地のようなものだと思ってください。

例えるなら作った家(ホームページやブログなどのサイト)を建てる土地(サーバー)を借りて管理や構築はプロの業者にお任せするという仕組みです。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーにはいくつかの種類があります。1つ目は、共有サーバーといって1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使います。サーバーの契約料金を同じサーバーを契約する複数人で分け合って負担するので、一人一人のコストの負担が軽くなります。

安くサーバーと契約できるというメリットは大きいのですが、個人で好き勝手にサーバーの設定を変更することはできません。自由度が制限され、容量も少なめです。またサーバーを共有する誰かが起こした問題や障害の影響を受けてしまうというデメリットもあります。

個人的なサイトを手軽に始めてみたいという方に向いています。2つ目は専用サーバーで、1台のサーバーを1人のユーザーが自分専用として使うことができます。容量が大きく自由度も高いというメリットがある分、共有サーバーよりもコストがかかります。

他のユーザーが起こした障害の影響を受けることも、自分が起こした障害で他のユーザーに迷惑をかけることもないのでその点では気軽に利用できます。ある程度サイト運営の知識があり、自分なりの自由度が高いサイト運営をしたいという方にオススメです。

3つ目は仮想専用サーバー(VPS)というもので、共用サーバーと専用サーバーの中間的な特徴を持っています。共有サーバーのように1台のサーバーを複数で共有して使いますが、契約者ごとにサーバーの領域が区切られているので、自分に与えられた領域を専用サーバーのように利用することができる仕組みになっています。

専用サーバーと同じくらいの自由度を持ち、共有サーバーよりも高スペックです。他のユーザーからの影響も受けないので、共有サーバーと専用サーバーのそれぞれのメリットを合わせたようなシステムになっています。最後にこの中で最も新しい種類のサーバーをご紹介します。

クラウドサーバーです。こちらはほとんど仮想専用サーバーと同じ仕組みですが、必要に応じて利用するスペックを減らしたり増やしたりできるという機能がついています。以上の4種類のレンタルサーバーから、自分に適したものを選んで使ってください。

レンタルサーバーの選び方

数多くの会社が提供しているレンタルサーバーの中から、自分の運営したいサイトに適したものをどのように選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。レンタルサーバーを選ぶ際におさえておきたい基本的なポイントは4つあります。

まず、会社そのものの信頼性です。たくさんある会社の中から信頼できる会社を探すには、実際に使用しているユーザー数などの実績を参考にするとよいです。多くのユーザーが使っているということは信頼性の証です。またトラブル時にサポートが充実しているかも気になるところなので、どのようなサポートをしてくれる会社なのかを調べておきましょう。

レンタルサーバーといえばこれを使っておけば間違いない、というユーザー数が多い有名な会社もいくつかあるので、悩んだらとにかくサイト運営者の多くが使っている会社を選んでおくのが無難です。2つ目のポイントは料金プランです。

レンタルサーバーの利用には毎月払う月額費用や初期費用、ドメイン取得の費用などがかかります。プランが充実していると料金も高くなりますので、自分のサイトの運営に必要な機能や継続的に支払える料金の目安から負担のないものを選びましょう。

サイト運営初心者がいきなり高い料金をかけてサーバーの契約をしても、機能を十分に使いこなせないこともあるので無理のない料金の中から選んでください。3つ目は機能です。ホームページ作成において人気のあるWordPressやPHPなど、絶対に使いたい機能があるという方はその機能を備えているサーバーを選ばなくてはなりません。

最後のポイントは容量です。目的のサイト運営に見合った容量を使えるか、確認してから契約するようにしてください。

サイト運営に必要な容量の目安は?

ホームページやブログなどのサイト運営には、レンタルサーバーにどのくらいの容量が必要なのでしょうか。実はほとんどの人は容量に関してあまり心配する必要はありません。よほど画像や動画をたくさん掲載するのなら容量を気にすることも大切ですが、初心者がホームページやブログを運営するのに必要なのは50GBもあれば十分なのです。

画像入りの記事を毎日アップするというサイトでも、50GBを消費するのには5年以上かかるといわれています。

スマートフォンで撮影した画像が1枚約3MB、もっと高画質なデジタルカメラの写真でも1枚約10MB、動画も10MB~20MBという軽い容量で作ることが可能なので意外と少ない容量でも十分にサイト運営ができます。

個人のブログなどなら10GBあれば満足に使えてしまいます。

よって多めに見積もっても50MBで十分というのが基本的な考えなのですが、多くのレンタルサーバーは容量200GBでも月額1,500円以内で提供されており、余裕を持った容量で契約できるので容量が足りなくなるのではと心配する必要はまずありません。

それでももしも容量が足りなくなったら?

容量が一杯になってしまうと、正常にサイトにデータを転送できない、メールの受信ができないなどの問題が生じてしまいます。容量の心配は基本的にはいらないといいましたが、50GB以下など少なめの容量のサーバーと契約して法人サイトを運営し、社員全員のメールサーバーとして利用するなど比較的容量が必要な使い方をした場合には、容量不足という問題が起こってしまう可能性もゼロではありません。

容量が足りなくなってしまったときには、不必要なデータやメールを削除して必要な容量を確保してください。それが難しい場合には思い切ってもっと容量の大きいプランに変更するのも1つの手です。

目安は50GBで、容量の心配なくサイト運営を始はじめよう!

容量不足を心配せずにサイトの運営をするには、容量が50GBあれば十分です。いざとなれば、足りなくなってしまってから必要ないデータの削除やプラン変更で対応することができるので心配いりません。レンタルサーバーを選ぶ際には、容量よりもそれぞれの機能や料金を優先的に考えるのがオススメです。

ぜひ色々な会社のものを比較検討して、自分の運営したいサイトにぴったりのレンタルサーバーをみつけてくださいね。